ブログが新しくなりました。

便秘/原因不明の痛み(線維筋痛症など)/不安/不眠症
福岡県 あらき心療クリニック〜呼吸・姿勢・ストレッチのブログ〜


あらき心療クリニックのホームページはこちらです。



オレンジページ5/2号

2010年04月22日

今発売中の『オレンジページ』5月2日号表紙の画像 今発売中の『オレンジページ』5月2日号の119~123ページにデルデル呼吸が紹介されています。2月に取材を受けたものですが、オレンジページのスタッフも試してみて効果を実感できた人が結構いたという知らせを受けました。快便になる人が増えるといいのですが…


 昨日NHKの『ためしてガッテン』で便秘がとり上げられていました。排便時の姿勢や骨盤底筋の緊張が問題であり、‘風船療法’の有用性などが紹介されていました。

風船療法の意味は分からなくはないのですが、
呼吸法が最も重要であるという確信は揺るぎません。息を吐くと骨盤底筋は間違いなく緩みます。

しかし最後の「便秘にはご飯が良い」にはガッカリでした。それが便秘解消の締めでは呆れるだけでした。


 先に発売された『日経ヘルス』を見て、関心を持ってくださった方から電話をいただきました。今一つ要領が分からないということで、DVDはないのですか?と言うものでした。作りたいとは思っていますが、まだ、です。

その方は非常に遠方に住んでおられるので直接指導は困難。ときどき問い合わせがあったり、実際遠方から来られる方がいるのですが、近場の方は意外に少なく…残念です。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

『日経ヘルス』5月号

2010年04月11日

雑誌「日経ヘルス」(2010年5月号)の画像今発売中の『日経ヘルス』5月号の50〜51ページにデルデル呼吸が紹介されています。

「医師が考えた便秘解消デルデル呼吸法」というものです。先月取材を
受けました。僅か2ページですが、簡潔にまとまりよく紹介されています。

便秘解消にこだわらず、デルデル呼吸の良さを実感するための練習法として分かり易く説明されています。

日経 Health ( ヘルス ) 2010年 05月号 [雑誌]
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

便秘解消どころか快便に

2010年03月13日

デルデル呼吸の原点といえば、もちろん便秘解消です。

最近「デルデル呼吸の掲示板」に便秘の悩みから解放された喜びの声が
寄せられています。

長年の悩みが、それも色々な努力の末「体質だから」と諦めていた便秘が、あっさりと良くなるのですからまさに驚き以外の何物でもありません。

「私は便秘じゃない」と言っていた人でも「出方が違う」ようになります。「便秘の悩み」が「快便」に変わるのです。

デルデル呼吸の良さ、効果が他の人にも伝わった時の喜びは、文字通り
「たまりません」です。

デルデル呼吸の掲示板
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

『デルデル呼吸ダイエット』中国版

2010年01月16日

荒木隆次的呼吸2.jpg2010年1月1日『やせる!デルデル呼吸ダイエット』の中国版が出版されました。タイトルは『荒木隆次的呼吸健康法』です。

中国でもどこでも一人でも多く便秘、腰痛、肩こりや冷え症などが良くなる人が出ると嬉しいのですが、そんなに売れないかな?売れないだろうな?売れるといいな。

あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

今年の抱負

2010年01月10日

平成22年になり、1月4日から通常の診療が始まりました。

クリニック開業以来何とか無事に3度目の正月を迎えることができ、改めて気を引き締め、来院される方のお役に立てるよう頑張りたいと思っています。

あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

腹式呼吸を知らない人が多い

2009年12月23日

最近デルデル呼吸を指導する機会が多くなってきたのですが、腹式呼吸
を知らない人が多いことには驚かされます。その理由は次のようなことが考えられます。

1.ヨーガや気功などで奨められるあるいは教えられる腹式呼吸が、実際やってみると難しい

2.仮に腹式呼吸が出来たとしても、楽にはならない。却ってきつくなったり苦しくなったりする


‘お腹を膨らませて息を吸い、お腹をへこませて息を吐く’そんな意識的な、力を使って行う‘呼吸’は既に呼吸とは言えないでしょう。

運動の一つにしか過ぎません。それも体にはあまり良くない運動です。
横隔膜を使って(緊張させて)息を吸うと、腹圧が高くなりその結果内臓を圧迫してしまいます。血流も、リンパ液の流れも悪くなります。

腹式呼吸は腹圧を高めて内臓を固定、安定させるので良い、などと言われますが、そんな筈はないでしょう。


 デルデル呼吸は‘腹式呼吸’ではありません。デルデル呼吸ができるようになると、内臓にやさしい環境になり、血流やリンパ液の流れも良くなります。

「腹式呼吸が体に悪い」などと言う人はまずいません。変なことを言う奴、と思われることは承知の上ですが、呼吸法について、言い続けない訳にはいきません。

これまでの私自身の体験と、かなりの数の人にデルデル呼吸を人に勧め、指導してきて(あまり好きな表現ではないのですが)その効果を確認してきたことによる確信です。

便秘、肩こり、腰痛、冷え症、不眠、めまい、頭痛…その効果は困ってしまう程です。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。


北九州市の精神科・心療内科:あらき心療クリニックの予定表

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。