ブログが新しくなりました。

便秘/原因不明の痛み(線維筋痛症など)/不安/不眠症
福岡県 あらき心療クリニック〜呼吸・姿勢・ストレッチのブログ〜


あらき心療クリニックのホームページはこちらです。



薬の副作用について

2013年07月01日

薬の副作用(有害事象)については、注意を怠らないように気をつけて
いるつもりですが、最近私の身内のことで愕然としたことがありました。

80才を過ぎた男性で、ときどき意味不明なことを言い、妄想的で
認知症も、と思っていました。先日身体的な不調で入院。病床で、やはり妙な
発言をして興奮気味になることも。
薬を調べてみると、抗パーキンソン病剤(抗パ剤)が。抗パ剤で幻覚や妄想が
出現することもあり・・・
その身内は元々パーキンソン症状はなかった筈ですが、何故か結構前から
投与されていました。膝・腰が悪くとぼとぼ歩きしかできなかったのを、
パーキンソン病の小刻み歩行と診断されていた可能性が強いように思います。
その薬を減量してかなりスッキリしました。
同じようなケースを見たことがありますが、本当に油断大敵です。

良くなることは嬉しいのですが、
薬を減らしたり止めたりして「良くなる」ことは、悲しいことでもあります。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


北九州市の精神科・心療内科:あらき心療クリニックの予定表

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。