ブログが新しくなりました。

便秘/原因不明の痛み(線維筋痛症など)/不安/不眠症
福岡県 あらき心療クリニック〜呼吸・姿勢・ストレッチのブログ〜


あらき心療クリニックのホームページはこちらです。



必要最少量の薬とは?

2009年11月21日

「必要最少量の薬」
患者さんなら誰しもそう願うと思います。医師としてもそうあるべきでしょう。しかし当然ながら、初めから「必要最少量」がどれぐらいか分かりはしません。

大切なことは「必要最少量」を常に意識することだと思うのですが、そ
れには服薬を始めてからの、あるいは薬を変更してからの症状の変化に
ついて‘敏感’でなければいけません。

症状が改善する場合は問題ありませんが(問題があることも無くはないのですが)、良くならないあるいは悪くなる場合が問題です。

「薬を飲んでいるのに良くならない。飲んでいるのに症状が悪くなる」
と考えて薬がどんどん増量されたり、新たに追加されたりといったケースが少なくないのは困ったことだと思います。

薬を減量したり、時にはやめたりして非常に良くなることがよくありますが、単純に喜んでもいられません。他にもたくさん…

充分量の薬が必要なこともあるので見極めが大切になります。気を抜く
訳にはいきません。息は抜かないといけませんが。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


北九州市の精神科・心療内科:あらき心療クリニックの予定表

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。