ブログが新しくなりました。

便秘/原因不明の痛み(線維筋痛症など)/不安/不眠症
福岡県 あらき心療クリニック〜呼吸・姿勢・ストレッチのブログ〜


あらき心療クリニックのホームページはこちらです。



腹式呼吸を知らない人が多い

2009年12月23日

最近デルデル呼吸を指導する機会が多くなってきたのですが、腹式呼吸
を知らない人が多いことには驚かされます。その理由は次のようなことが考えられます。

1.ヨーガや気功などで奨められるあるいは教えられる腹式呼吸が、実際やってみると難しい

2.仮に腹式呼吸が出来たとしても、楽にはならない。却ってきつくなったり苦しくなったりする


‘お腹を膨らませて息を吸い、お腹をへこませて息を吐く’そんな意識的な、力を使って行う‘呼吸’は既に呼吸とは言えないでしょう。

運動の一つにしか過ぎません。それも体にはあまり良くない運動です。
横隔膜を使って(緊張させて)息を吸うと、腹圧が高くなりその結果内臓を圧迫してしまいます。血流も、リンパ液の流れも悪くなります。

腹式呼吸は腹圧を高めて内臓を固定、安定させるので良い、などと言われますが、そんな筈はないでしょう。


 デルデル呼吸は‘腹式呼吸’ではありません。デルデル呼吸ができるようになると、内臓にやさしい環境になり、血流やリンパ液の流れも良くなります。

「腹式呼吸が体に悪い」などと言う人はまずいません。変なことを言う奴、と思われることは承知の上ですが、呼吸法について、言い続けない訳にはいきません。

これまでの私自身の体験と、かなりの数の人にデルデル呼吸を人に勧め、指導してきて(あまり好きな表現ではないのですが)その効果を確認してきたことによる確信です。

便秘、肩こり、腰痛、冷え症、不眠、めまい、頭痛…その効果は困ってしまう程です。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

治療終結

2009年12月19日

今日は貴重な嬉しい体験をしました。遠方のあるクリニックで‘うつ病’という診断のもと、数年にわたり治療を受けてきた患者さんのことです。

いくつかの抗うつ薬による治療を続けていたのですが、なかなか改善しないということで、私の知人の知人…から紹介されて当クリニックを数ヶ月前に受診されたのですが…  

簡単に経過、結果を述べると、薬を減らして行くと、あれよあれよという感じでスッキリ、調子が良くなって行き、薬を完全にやめて調子が良いことがしっかりと確認出来て、今日で治療が終わりとなったのです。

薬が多いときの状態は、間違いなく‘病気’でした。うつ病ではなく、他の病気も疑ったほどでした。

薬を増やさないと良くならないことももちろん多いのですが、不適切な
薬でこじれることもあるのです。心して診療に当たらねばなりません。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。


北九州市の精神科・心療内科:あらき心療クリニックの予定表

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。