ブログが新しくなりました。

便秘/原因不明の痛み(線維筋痛症など)/不安/不眠症
福岡県 あらき心療クリニック〜呼吸・姿勢・ストレッチのブログ〜


あらき心療クリニックのホームページはこちらです。



雅子妃は‘適応障害’?それとも‘うつ病’?

2009年01月22日

雅子妃の病気について、女性週刊誌では毎週のように取り上げられています。
他の週刊誌でもそうですが、多くは'適応障害'あるいは'うつ病'として有識者や
精神科医が好き勝手なこと?を言っています。しかしどちらも的外れだろうと
考えています。東京脳神経センターの松井孝嘉医師はご自身が提唱している
'頸性神経筋症候群'に違いないと言われていますが、私もそのような性質の
病気ではないかと考えています。松井医師のこの見解は週刊誌でもときどき
とりあげられていますが、大体次のような説明がなされています。
首の後ろにある筋肉の異常によって引き起こされる病気とされ、慢性疲労症候
群、むち打ち症、めまい、頭痛、うつ状態、パニック症候群、ストレス症候群、
自律神経失調症、更年期障害の60%が該当する疾患群。複数の疾患を合併
している場合が殆ど。
頭痛や微熱、体がだるい、やる気が出ないなどの不定愁訴にも似た症状が多
いため診断されるまでに時間がかかり、複数の病院で受診を繰り返す患者さん
も多い。
雅子妃の様子からすると、'慢性疲労症候群'の重度のもののように思います
が、慢性疲労症候群の概念そのものがはっきりしていません。頚性神経筋症
候群という捉え方と併せて
「何らかの原因、きっかけにより主に頸部深部のの過緊張状態が起り、それ
が頭頸部の神経に悪影響を及ぼしている。筋の緊張はおそらく全身にわたっ
いるであろう」というのが私の考えです。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

謹賀新年

2009年01月06日

明けましておめでとうございます(遅くなりましたが)。
あらき心療クリニックも何とか無事に開業後2度目の正月を迎えることが
できました。
お蔭様で受診していただく患者さんの数もボチボチ増えてきましたし、
患者さんの病気というか、抱えておられる問題が、精神科の病院に
勤めていたころの患者さんのそれとは質が異なる場合が多いので
いい意味で緊張の毎日です。デルデル呼吸で楽に息を抜きながら
少しでも(たくさん)お役に立てるよう、頑張りたいと思います。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。


北九州市の精神科・心療内科:あらき心療クリニックの予定表

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。