ブログが新しくなりました。

便秘/原因不明の痛み(線維筋痛症など)/不安/不眠症
福岡県 あらき心療クリニック〜呼吸・姿勢・ストレッチのブログ〜


あらき心療クリニックのホームページはこちらです。



腰痛に腰痛体操が効くーそれホント?

2008年09月23日

腰痛対策の一つとして、腰痛体操がすすめられることがよくあります。
ホントに効果があればいいのですが…

先日整形外科の講演会に行ってきました。腰痛の原因としては85%が
原因不明で、あとの15%は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症その他
という話がありました。原因不明の意味について考えたいと思います。
確かに通常のレントゲンやMRIその他の検査で原因がつきとめられない
ものが85%ぐらいあるのでしょうが、それは当然とも言えるでしょう。

'専門家'ではない一般の'素人'の人達は痛んでいるのは腰部の筋だと
感じています。おそらくそうなんだろうと思います(私も素人です)。
どちらが正しいかという議論は控えるとして、では原因不明である多くの
腰痛への対策として、'専門家'が腰痛体操をすすめるのは何故でしょうか。
誰にも分からないと思います。おそらく'専門家'にも分からないのではない
でしょうか。偉大な先人がすすめてきたから、といったところでしょう。

笑い話で済めば、それも良しとしますが、効果よりも弊害の方が大であれば
笑い話では済まなくなります。ごく軽い体操なら害はないかもしれませんが、
腹筋を鍛える体操も含まれることが多いので困ったものです。腹筋を鍛える
体操をして腰を痛めた人の数は、腰痛体操で腰痛が良くなった人の数より
はるかに多いでしょう。鍛えに鍛えたプロのスポーツ選手にも腰痛が多いこと
を考えると、その無意味さが分かろうというものです。ハンマー投げの室伏
選手、プロゴルファーの今田選手、プロ野球の・・・・・・

腰痛の原因は鍛えようのない腰部の筋ー腰方形筋ーの凝り・張りとしか考え
ようがない。そう'素人'である私は考えています。鍛えるのではなく、ほぐす
ことが唯一・最良の治療法であり、ほぐすには正しい息の吐き方しかない、
というものです。
腰痛に腰痛体操が効くーそれホント?
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

開院一周年

2008年09月11日

作日は、あらき心療クリニックの開院記念日でした。
当然ではありますが、多くの方からお祝いの言葉をいただくことが
…出来ませんでした。当然ではありますが、[当然ではありますが]は
[できませんでした]にかかります。このようなことばかり考える余裕が
まだまだ充分あることを嬉しく思いたいと思います。
病院勤めをしていた頃とは全く異なる仕事で、結構ヒマではあるものの、
不安・緊張の連続だったような気がします。クリニックに来られる方達が
厳しい環境、ストレス下で必死な思いで生きておられる姿に、涙がこみ
あげてくることも多々ありました。
お役に立てたと実感できることも多かったのですが、そうでないことも
あったと思います。改めて気を引き締めて行くつもりです。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。

女性月刊誌『美人計画HARUMO〔ハルモ〕10月号

2008年09月04日

今発売中の女性月刊誌『美人計画HARuMO』10月号(青春出版社)に
「究極の便秘解消術」としてデルデル呼吸が紹介されています。
71〜75ページです。
最近はデルデル呼吸の効果、意味について、腰痛や肩こり、冷え性にばかり
注意が向いていました。便秘よりも腰痛、肩こりなどについての方が話し易い
というのがあるし、腰痛や肩こりの人があまりに多いということも関係している
ようです。
「おなかすっきり心すっきり 腹横筋を使ったお通じ改善法」というタイトルの本
が2005年に出た(というより自費出版した)のですが、そのときは
「これこそ究極の便秘解消法」だという自負がありました。それは今でもそう
なのですが、食事も食物繊維も運動も毎朝トイレに行く習慣をつけるetc.も殆ど
関係なく便秘の悩みがあっという間に?快便になり得るのですから、あっという
間に世間に広まるんじゃないかと思っていました。製薬会社からも恨まれるん
じゃないかなど馬鹿なことを…
ところが今でも馬鹿なことを考えている自分がいるのです。
「デルデル呼吸が本当に広まったら、どれだけ多くの人が楽になるだろうか」
『やせる!デルデル呼吸ダイエット』の本も「こんなに役に立つ実用書が他に
あるだろうか」など考えているのです。
長く野球バカでしたが、それがボウリングバカになり、ついに呼吸バカになり
ました。死ぬまで呼吸バカでいられそうです。
あらき心療クリニックのホームページはこちらです。


北九州市の精神科・心療内科:あらき心療クリニックの予定表

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。